Journal

New Year's Resolution(s)的な

明けましておめでとうございます。

本日7日より、通常に始動しています。

さて、
resolutions.jpg

新年にあたって、今更、決意めいたものもないのだが、
昨年から「種を撒いた」ものの、「収穫」出来ていない案件が2つほどあり、これは春までにキッチリ白黒はっきりさせねばと思っている。
まぁ、この2つ、こちらが進んでどうするという話ではなく、すでに球は投げてあり、先方の返球待ち的な立ち位置なので気持ちが悪いのだ。

それと、あれだな、、、
正月の暇さ加減に耐え切れず見た、すきやばし次郎の小野次郎さんの映画にインスパイヤされたわけでもないし、自分がとてもあんな人と比較できるような人間ではないことは十分分かっているのだが、JIROさんみたいに、何歳になっても自分が突き動かされる原動力になるものを何か一つ見つけたいと思う。

JIRO_dvd.jpg

なんか、現代の世の「武士道」とか「職人技」とか「人生哲学」とか、そんな事に思いを馳せられるドキュメンタリーでした。

Killercontents, LLC.を立ちあげて早6年。
いろんな人たちのお陰で、ここまでやれてきている訳だけど、所詮、常にどこかの出入り業者的な立場でしか無い。
まぁ、「仕事ってそんなものですよ」って言われれば確かにそうなのだが、ぼちぼちこの年になってくると、誰かに左右されるスタンスではなく、スタンドアローンで成立する「なりわい」だったり「生きがい」的なものを見つけたいと思うわけです。
むむむ・・・無いものねだりなのだろうか?すごく難しいことだということも分かっているんだけどね。

なんか、そんな事を、今更ながらに模索してみようかな?と思う仕事始めなのでした。

本年もよろしくお願い致します。

ご連絡

  |  12.08.02
みなさま、暑中お見舞い申し上げます。

このクソ暑い盛りに、引越しをさせていただきました。

住所のみの変更となります。電話/FAX、メールアドレス等何一つ変わっていません。
オフィシャルには、本日より順次手続きの予定です。
興味のある方。新住所はこちらでご覧ください。

今後とも宜しくお願いいたします。

松浦正雄

これやりましたメモ1

これを「仕事」と呼んでいいものかどうか???

ひょんなコトから、帯のコピー書いてくださいと言われ、日本盤のコピーかきました。
数100文字のテキストをタイプしただけなので、ギャラは丁重にお断りしたのですが、
近々飲み代でタップリと支払われることになっています。

コピーの中身はこっ恥ずかしいので、ここには掲載しません。
CDショップとかで見てね。あ、下のAmazonへのリンク先でも見られました、、、予約受付中(8月5日発売)です。

Nathan Aweau。昔から好きなアーティストでした。ほぼ、全アルバムを持っています。

これをきっかけに、改めてハワイモノの音楽仕事復活の予感です。たのしみ!


nathan_Io_CD_s.jpg

あの頃の東京ライフ〜1

  |  12.03.21
死期が近いわけでもないだろうに、何故か自分の仕事歴的なものをまとめるのにハマっている今日この頃。

プロフィール&ヒストリーで使用する過去仕事の画像なんかを探していると、
30年ほど前、アミューズ在籍中に関わった懐かしい音源のジャケ写なんかにも再会した。
あの頃も、今と変わらず「便利屋さん」で、ちょこちょこといろんな現場にいっちょかみしたのだが、細かいのを挙げだすと切りがないので、きちんと関わったものだけ並べてみる。

まず、東京に転勤になって嘉門達夫の東京マネージャーを仰せつかる。
で、直近の大仕事が、メジャーデビューだった。

ラッキーなことに、大ヒットとなったデビューシングル。
Tatsuo01.jpg
ゆけ!ゆけ!川口浩!!/嘉門達夫(1984年6月)

確か、イキナリ30万枚(だったかな?)売れて大騒ぎ!
カップリングは「あったらコワイセレナーデ」のLive @阪神百貨店屋上
ま、早い話が、営業の同録ですわ。ギャラもらいながらレコーディング完了!というお手軽さ。

日テレの日曜日お昼の関東ローカルの番組でのコーナーレギュラーも決まり、なんか順風満帆の日々。
その時の若手担当ディレクターが、今や映画監督として活躍する水田伸生氏。
毎週、いろんなところにロケに行って「ゆけ!ゆけ!〜」のパロディー映像を作ってました。
おされなメディア生活を送る水田さんには、表参道〜神宮前付近のナイトライフをご指導いただきました。

で、今ヒットの追い風を受け、デビューアルバムを作ってしまおうというコロンビアさんの大英断!

レコード制作の経験があったわけでもない当時の僕には荷が重く、森雪之丞さん+平石えっちゃんにお手伝いをお願いすることに。

怖いもの知らずの達夫と僕は、言いたい放題!
曲ごとにお願いしたいアレンジャーさんや参加ミュージシャンをリストアップし、とんでもない豪華な内容となってしまいます。

「ゆけ!ゆけ!〜」でもお世話になった新田一郎氏は勿論、加瀬邦彦さん、馬飼野康二さん、戸田誠司くん、
そして、極めつけはあの大御所、宮川泰さん(いや、大先生か!?)!!

思えば、この時、一気にいろんなタイプのアルバム制作の勉強をさせてもらいました。

そして出来上がったのが、このアルバム。
Tatsuo3.jpg
「お調子者で行こう」(1985年6月)

分かる人にはわかる、当時のサザンの最新アルバム「人気者で行こう」のパロディーです。
この背中は、後輩ガンちゃんの弟さん。残念ながら若くして亡くなってしまいましたが、、、

正確な数字は忘れましたが、このアルバムも結構売れて、日本コロンビアの「ヒット賞」に参加させてもらった事も思い出しました。

この記事のリンクを貼るのでWikipediaを見て思い出したのですが、、、

このアルバム、無事完成したものの、2曲がレコ倫の審査に引っかかって、差し替え→発売延期になってしまったたのでした。そんなにひどい歌詞じゃなかったのになぁ〜

でも、逆にこのことがまた話題となって、ゲスト番組とかでのトークネタには事欠かないのでした。

で、当時関わったアルバムリスト的に一気に掲載しようと思っていたのだけれど、余談や思い出話が蘇ってきて、思いの外長くなったので、ほかのアーティストは、また別の機会に、、、な訳で、続く〜です。


さみしい感じ・・・

  |  12.03.18
「仕事のこと」の一発目の記事で、このタイトルもなんなんですが、、、

今回、このサイトが準備できて公開直前になって、掲載している情報の再確認だったり、情報更新だったりをしていると、色々とリンク切れをおこしていたりする過去の仕事がある。

人様のブログ記事なんかにリンクを貼っている場合は、そのサイトの構成が変わったり、古い記事が削除されたりというのは仕方ないのだけれど、僕が長年に亘って記事を書き、(アメリカのサイトならではなのだけれど)30分ほどのストリーミング番組を作っていた"オアフ観光局"のサイトがそっくりそのまま無くなってしまっている。(現在は、ハワイ州観光局のオアフ島ページしか存在しません。)

これは、大阪市と大阪府の間で二重行政になっている部分を統廃合している作業と同じ。
ハワイ州観光局とか、ツーリズム・コンベンション・ビューローとか、さらに、それらとは別に各郡の観光局があり、それぞれ別のサイトを持っていたという、、、
ここに向けての、前ぶれは少し前からあったのだけど、ついに実行されちゃったわけですな。

少し前までは、アーカイブとして残されていただけに、そこが何もなかったかのように新しいサイトに差し換わっていると、その仕事自体が無かったものになってしまったような気にもなってなかなかさみしい感じが漂ってしまう。

でも、よくよく考えてみると僕が関わってきた仕事の殆どが、その場限りで完結し、後はオーディエンスの記憶の中でのみ生き続けるという「刹那的」なものが多かったので、今、寂しく感じている自分は、年をとって、いつの間にか未練たらしくなってきているだけなのかも知れない。

世の中には、殊勝な人がいるもので、ウェブ上にスクリーンショットを掲載してくれている人もいたりして、、、思い出がてら、記念に貼り付けさせて頂きます。

TOP PAGE;
OR1.jpg

OAHU RADIO:
OR2.jpg

新しいサイトを立ち上げました!

  |  12.03.16
おなじみ(?)ワイマナロのビーチ画像に、縦書きのコピーという、
敢えて、PARCO的な、70〜80'sっぽいデザインのTOPページで、再スタートです。
(Sくん、Kくん、ご協力ありがとうございました。)

まぁ、その辺のムードというか、時代感覚が未だに好きという、、、

BGはこの辺から見つくろって頂く感じですか?
Kalapana.jpg

公私ともども書き留めたブログも2年ぶりに再開させます。
音楽のこと、Hawaiiのこと、そして、仕事のこと。過去のこと、進行中のこと。
定年退職した人が、むやみに自伝を書きたがるようなものでしょうか?
まぁ、たまに覗いてやってください。

主に移動中に、悪態ばかりついているTwitterも引き続き、宜しくお願いします。

プロフィール&ヒストリー、リンク切れしてるものを直したり、情報を追加したりするついでに、関連画像を集めて貼りつけてみました。(これが、意外と楽しい!)

改めまして、宜しくお願いします。

2012年 春 松浦正雄
1