Journal

ナレオな話

1990年代前半のある日、東京は恵比寿のハワイアンカフェでSony Musicの洋楽ディレクター、C君とビールなんぞを飲んでいた。
Hawaii_beer.jpg

「ハワイアンって言うても、あ〜ヤンなっちゃった的だったり、マヒナスターズ的ぢゃ無いのって最近あるよね。」
「そうそう!ちょっとウェスト・コーストっぽいというか、ロック寄りなね。」

まだ、メレだの、オリだの、ハパ・ハオレだの、ハワイアン・ルネッサンスだのの知識もほぼ無いまま、
一(いち)、アメリカンロック好きな男同士の会話として、そんなユルイ会話が弾んでいた。

「来月、ハワイ行くし、なんかそれっぽいの幾つか見繕ってCD買ってくるわ!」
「今風なセシカポとか、カラパナみたいなのね」
「たしか、ウィルソン・フィリップスみたいなんもいたと思うし、、、」

大阪ミナミが偽サーファー、丘サーファーたちに占拠された1970年中頃、間違いなくマストアイテムだったカセット・テープには、ジャクソン・ブラウンやCSN&Yなんかと並んで、セシリオ&カポノ、カラパナのハワイアン・コンテンポラリー2トップが必ず選曲されていた。

その後、後続のハワイアン・アーティストは出現しないまま、
また、ハワイの音楽に対する日本人のステレオタイプなイメージは、バッキー白片的なものへと揺り戻されていた。

アメリカが、ハワイを太平洋上の軍事的、観光的な拠点として捉え、
エルビスを始めとする白人たちが、グラススカートにココナッツ・ブラなオネーちゃんの踊りにエキゾチズムを感じるというあの構図。
そして、そのバックに必ず流れる、ウクレレとスチールギターの演奏をバックに、ファルセットで歌う的な。
それが、いわゆる「バッキー白片」的なという、ハパ・ハオレ(=半分白人)と呼ばれるジャンルだった。

難しく言うと、白人たちに土地のみならず、文化まで占拠されそうになったハワイ人たちが、
アイデンティティーを取り戻そうと、本来のハワイ文化に着目して、ほんとうのフラや、ほんとうのハワイアン・ミュージックを復興させた。いわゆるハワイアンルネッサンスという運動だ。
ギャビー・パヒヌイを筆頭とする、スラックキーの台頭は、そんな象徴だった。
その後、ハワイアンとしてのアイデンティティーを大切にしながらも、アメリカ本土でのロックムーブメントに乗っかったのが、先のセシカポとか、カラパナ。

その後、90年台に入って、テレサ・ブライト、ハワイアン・スタイル・バンド、イズ、
更にはケアリィ・レイシェルなんかが新世代として登場してくる。

僕らは、その時明確にこの流れを知っていたわけではなかったが、何となく匂いを嗅ぎ取っていたのは事実だった。
でも、この時点ではテレサ・ブライトぐらいしか認識していなかったのだと思う。

数日後、ハワイ島のHiloに到着し、チェックインを済ませた僕らは、待ちきれずビーチへと繰り出した。
Naleo_beach.jpeg
(多分、このビーチなんだよなぁ〜)

今となっては、名前も思い出せないHiloのローカルなビーチ。
その日は週末で、ツーリストと言うよりはロコの家族連れが多く、
のんびりとBBQやったり、子供たちとフットボールの練習などをしていた。

僕たちは、そんなロコの家族のちょっと横にビーチタオルを敷かせてもらって、
日光浴というか、ぼーっと横たわっていた。寝るでもなく、起きるでもなく、微睡むという言葉が適当なのかもしれない。
先日のC君との会話は、この時、全く気にもしていなかったのだが、
この隣の家族の持ち込んだラジカセから流れてくる曲が、耳に心地よく届いてきた。
ハーモニー、メロディー、ちょっとフージョンぽいアレンジも、なかなかのものだった。

先ほどからの、この曲の流れはラジオではなく、同一のアーティストのアルバムであることは明白だった。

意を決して、まだそんなに喋れない英語で"Excuse me〜、Who's this song?"ぐらいの質問をぶつけてみた。
"Oh, this is Nalexxxxxxxxxx."「えっ!?ナレしか聞き取れませんがな〜!!」
で、鉛筆と紙を持ち出し、書いてもらった名前が


再結成後、の2枚目になる(その時は、勿論それも知らない)"Flying with Angels"を出した直後(ということは95年の夏だったんだな!?)で、CD屋のラックには前作と2枚しか入ってなくて、新人さんだと思っていた。

そして、その買ったCDを聞いてみると、まさに僕が"ハワイのウィルソン・フィリップス"と名付けていた人たちのサウンドだった。

他にもCDを買ってみたが、Na Leo以上にしっくり来るアーティストには出会えず、
帰国後、そのCDを、C君に聞かせてみると、彼的にも「BINGO!」

早速、日本での権利関係もクリアでき、見事、トントン拍子にSony Recordsより日本デビューとなる。

Naleo_IB.jpg

なんと、タイミングが良かったのか、デビュー作の日本向けベストアルバムは10万枚以上を売上げ、
この後、Sony Recordsはハワイのアーティストたちのあこがれのレーベルとなるのだった。

そして、この件で何もビジネス的に発生していない僕は、ご褒美として、2度ほどハワイへご招待される事となった。

この後に、僕はハワイの音楽に興味を持って、色々と勉強をはじめるのだった。